フリーランス(個人事業主)とマイナンバー


1、マイナンバーとは

マイナンバーとは、平成27年から国民一人一人に発行されている12ケタの番号のことを指します。

マイナンバーを記録する媒体として、紙製の通知カード、顔写真付きのマイナンバーカードの2種類があります。顔写真付きのマイナンバーカードは市区町村に申請して交付されるもので、運転免許証や保険証と同じように一般的な本人確認書類として使用することが可能です。

平成28年1月からは社会保険や税金、災害対策といった行政手続においてマイナンバーの提出が必須事項となっています。

マイナンバーを発行・使用する意義は、行政機関や地方公共団体での情報の称号や入力を簡素化し、作業の重複を防ぎ、行政全体の効率化をはかることにあります。

また私たち国民にとっては、役所での手続きが簡素化されることで添付書類の用意や待ち時間を短縮し、手続き全般における手間や煩わしさが軽減されるという特徴があります。さらに行政機関を通じて自分の情報を照会して確認したり、サービスのお知らせを受け取ったりと様々なメリットがあります。

社会全体においては、国民一人一人の所得やサービス受給状況を把握しやすくなることでサービスの不正受給等を防ぎ、公正・公平な社会の実現に繋がることが期待されています。

2、マイナンバーがフリーランスに与えるメリット・デメリット

マイナンバーによって国民や行政、社会全体にメリットがあることはわかっていただけたかと思いますが、フリーランスにとってはどのようなメリットがあるのでしょうか。また、デメリットについても確認しておきたいと思います。

〇メリット

マイナンバーで情報を一元化させることで自分の所得を把握しやすくなるため、適切な申告や納税が可能になります。フリーランスとして様々な契約先を持ち、複数の案件を抱えている方にとっては、自分の収入が一目瞭然になるのは嬉しいポイントです。

またマイナンバーには扶養親族や健康保険、年金情報なども登録されているので、現在の状況を把握・整理するのにとても便利な制度と言えます。

〇デメリット

マイナンバー制度の挿入により事務負担が増えることもあります。取引先が多い場合には自分や相手のマイナンバーをやりとりする機会が頻繁に発生し、預かったマイナンバーは外部に漏洩しないように保存しなければなりません。

個人事業主であるフリーランスは本業の他に経理や雑務といったプラスアルファの作業に追われている場合が多いため、マイナンバー制度によって更に事務作業が増えるのは大きな負担となり得るかもしれません。

3、マイナンバー取扱時の注意点

確定申告の時期になると、作業や報酬に応じて調書を作成する必要が生じ、人によっては膨大な量の事務作業や確認作業をこなさなければなりません。

またフリーランスには依頼主から作業を受ける場合と、逆に相手へ作業を依頼する場合があります。その際、金額によっては調書作成のために自分や相手のマイナンバーを扱う場合があるので注意が必要です。

そこで、作業を受ける場合、依頼する場合の両方の注意点を確認しておきましょう。

〇作業依頼を受ける場合

報酬が天引きされている場合、依頼主に支払調書の作成を依頼することが必要です。そのため依頼主に自分のマイナンバーを伝え、調書を作成してもらいます。

〇作業を相手に依頼する場合

作業を受ける場合と同じく、報酬を天引きする際は相手のマイナンバーを書面などで受け取り、支払調書を作成します。また依頼先への支払額が年間で一定額を超えた場合に支払調書を作成して税務署へ提出する義務が発生します。

また、預かったマイナンバーは鍵付きのキャビネット等で厳重に保管する必要があります。さらに帳簿関係の書類は税法で7年間の保管義務があるため、マイナンバーの部分を削除するなどして必要書類のみを7年間保管しておきましょう。

マイナンバーは収入、税金、受給サービス等様々な情報が詰まった番号であり、個人事業主であるフリーランスとは切っても切り離せない関係です。これからフリーランスとしてデビューを考えている方、フリーランスとして活躍中の方は、マイナンバーについて今一度理解を深めておく必要があるといえるでしょう。

The following two tabs change content below.
tomoki

tomoki

ITベンチャー創業者。人事採用として「人材」という経営資源の創出にこれまで最も注力。リファラルマーケティングに自信有り。外部の創業顧問としても並行して10社程兼任。M&Aや、マーケティング・プロモーション・ブランディングに関する観点を今勉強中。 趣味:バスケ/温泉/カジノ
tomoki

最新記事 by tomoki (全て見る)